読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A letter written 3 years from today Christmas version ~3年後の今日の手紙 クリスマスバージョン~

Dear My Honey

 

 

How are you doing?

 

More than 100 days have passed since I wrote the last letter.

Because just I was very busy recently, I couldn’t write a letter. I was definitely not lazy to write a letter in English.

But, I’m not sure how to write a letter in English because I haven’t written any letters in English so long time. So, I’m writing this letter with rereading the last letter.

 

It was still summer in Japan when I wrote the last letter, but Christmas is almost here. Christmas songs are played in busy quarters. Residential areas are brilliantly decorated by illuminations.

 

In Australia, there were some decorated trees on streets and someone decorated inside of their house by illuminations. The town was wrapped up in similar atmosphere to Japan. But it was little bit different atmosphere.

 

When I decide to write this letter, I noticed that you hadn’t sent me answer even though I sent the last latter more than 100 days ago.

I was disappointed.

I still think of you even though 3 years have passed. But you make nothing of me. Although I was too excited to get your answer and grinning, when I wrote the last later. Please give that happy feeling back to me.

 

That’s why, I decided to write about a memory of last Christmas for getting your attention.

 

Last Christmas. I had a girl friend named Alice.

She was mixed with British and Japanese, and fluent in Japanese. Unlike you couldn’t remember “itadakimasu”, she was fluent in English.

 

She was curious to go to an aquarium. Some Japanese aquariums exhibit something special in Christmas days.

So, we went to an aquarium in Tokyo for seeing her happy face even though I was not a bit interest in fishes.

 

We met in front of the aquarium. Because I lived in Saitama and she lived in Tokyo.

I guessed which direction she comes from, because I went there 10 minutes earlier and had nothing to do. And I hid myself behind a pillar. When she came, I came out from there and I followed her unobserved. When she noticed, she glared at me.

 

There was a very long queue in front of the entrance to the aquarium. In the queue, there are many couples like us, families, and Sakanakuns.

Inside of the aquarium was decollated as Christmas version with lots of LEDs. Penguins were Christmas, jellyfishes were Christmas, sharks were Christmas, rays were Christmas, prawns were Christmas, hermit crabs were Christm as, and heteroconger hassies were also Christmas.

She was happy for shining light-emitting diodes and fishes were held in captivity. Then, I came to happy, because I saw her that happy face.

 

We enjoyed dolphin show, seal show, and penguin show after that. Actually, only she enjoyed these shows and I enjoyed her face that was enjoying shows.

 

We had a lunch at a restaurant in the aquarium.

They provided lots of seafood. I was very happy because my favorite flavor of cap noodles was seafood.

She was a little put off by fishes because we had seen living fishes a few minutes before. But she ate everything on her plates. She tackled everything with all her efforts and I loved that.

You also tackled everything with all your efforts. I thought you were cute when you tried to show me using chopsticks for eating something even Japanese don’t use chopsticks like curry and soup

 

We went to a restaurant for dinner after enjoyed the aquarium. We were late 2 hours for dinner because we held hands together when we walked to there, then I got a bloody nose and went to toilet to stop that. But she wrestled with the thump with me without frowning.

When you & I went to the cinema we had to wait 1 hour on outside. While we were waiting, you sang some songs of BABYMETAL for entertaining me. I might love Alice who always tried to satisfy everyone’s wishes like you.

 

We parted after ate dinner. It was very happy time for me.

Are you jealous of Alice? If you are not jealous of her, this letter become just a disgusting letter.

 

I'm looking forward to receiving your response.

 

 

 

マイハニーへ

 

 

お元気ですか?

 

前に手紙を書いてから100日以上もたってしまいましたね。

これはただ最近ちょっといろんなことがあったからです。決して英語で手紙を書くのが面倒くさかったというわけではないよ。

しかし、久しぶりに英語で手紙を書くから、どんな風に書けばいいかわからないよ。だから今は以前書いた手紙を読み返しながら書いています。

 

前に手紙を書いたときには日本はまだ夏だったけど、今年ももうすぐクリスマスです。繁華街ではクリスマスソングが流れて、住宅街はイルミネーションで華やかに彩られています。

オーストラリアでもクリスマスが近くなると街には飾りつけされたツリーが置かれていたり、家の中にまでイルミネーションライトを光らせていたり、日本と似てはいるけど少しだけ違った不思議な雰囲気で街が包まれていたね。

 

この前、君に手紙を書こうかと思っていたときに、ふと気が付いたんだ。僕が100日以上も前に手紙を出したのに君からは返事が返ってきていないということに。

僕は、落ち込みました。

僕は3年たった今でも君の事を思っているのに、君はもう僕の事を何とも思っていないんだね。前に手紙を書いたときなんて、僕は君からの返事が楽しみすぎてめっちゃにやにやしていたのに。僕のあの楽しい気持ちを返してくれ。

 

というわけなので、いつまでたっても返事をくれない君にかまってもらうために、去年のクリスマスの事を書くことにします。

 

去年のクリスマス。僕にはそのとき、アリスという彼女がいました。

アリスはイギリス人のお母さんと日本人のお父さんをもつハーフで、日本語がペラペラでした。“イタダキマス”をいつまでたっても覚えられなかった君とは違って、彼女は日本語がペラペラでした。

 

彼女は、去年のクリスマスに水族館に行きたがりました。日本の水族館は、クリスマスに特別な展示をするところが多いのです。

というわけなので、僕は魚には全く興味がないのですが、彼女の喜ぶ顔を見るために、都内某所にある水族館に行きました。

 

東京に住んでいた彼女と埼玉に住んでいた僕は、直接水族館の前で待ち合わせをしました。

10分くらい早くついてしまった僕は、暇だったので、彼女がどこから来るかを予想しました。そして、そこからは見えないところに隠れて待ちました。彼女が来たら、そこから彼女に気づかれないように出てきて、気づかれないようにしばらく50センチくらい後ろをついて行ったのですが、気づかれた瞬間に「こいつ気持ちわるっ」って顔をされました。

 

水族館の入り口には、クリスマスってだけあって長蛇の列ができていました。列には、僕たちのようなカップルや、親子連れや、さかなクンがたくさんいました。

水族館の中は、無数のLEDにより、クリスマス仕様になっていました。ペンギンもクリスマス。クラゲもクリスマス。サメもクリスマス。エイもクリスマス。エビもクリスマス。ヤドカリもクリスマス。そして、チンアナゴまでクリスマスでした。

彼女は、てかてか光り輝く発光ダイオードと囚われの身の魚類にとても喜んでいました。そして、そんな彼女の顔をみていたら、魚に興味がない僕もとても嬉しくなりました。

 

その後も、イルカショーやアシカショーやペンギンショーを僕たちは堪能しました。いや、実際にショーを堪能していたのは彼女だけで、僕はショーを堪能している彼女の横顔を堪能しました。

 

お昼には、水族館の中にあるレストランでご飯を食べました。

そのレストランでは、水族館の中にあるだけあって、シーフードがたくさん出されていました。僕は、カップヌードルの中ではシーフードヌードルが1番好きなので、シーフードがたくさん出るレストランはとても嬉しかったです。彼女は、さっきまでみていた魚たちが料理になって出て来たので、若干引きながらも残さず食べていました。そんな、彼女の何にでも一生懸命な所も僕は大好きでした。

君も何にでも一生懸命だったね。僕に箸を使っているところを見せようとして、カレーやスープのように日本人でもスプーンを使って食べるものにまで箸を使っていたときには、とてもかわいいと思ったよ。

 

夕方まで水族館を堪能したアリスと僕は、夜景のきれいなレストランにディナーを食べに行きました。レストランに着くまで僕たちはずっと手をつないでいたのですが、途中で鼻血を出して近くの公衆トイレに駆け込んで止めている間に予約の時間をすぎてしまい、2時間ほど待つ羽目になってしまいました。しかし、彼女は嫌な顔一つせずに2時間の間僕と指相撲をしてくれていました。

君と僕が一緒に映画を見に行ったとき、1時間外で待たなきゃいけない時があったね。そのとき君は僕にもわかるBABYMETALの歌をうたって僕を楽しませえてくれたね僕は、きみのようにサービス精神が旺盛な子だったからアリスの事が好きだったのかもしれません。

 

夕飯を食べたら、僕たちは解散しました。すごく幸せなクリスマスでした。

君はアリスに嫉妬してくれたかな?君が嫉妬しなかったら、僕はただ気持ち悪い手紙を書いただけになってしまうね。

 

お返事待っています。

 


wa-holisuruze.hatenablog.com

A letter written 3 years from today ~ 3年後の今日の手紙 ~

Dear My Honey


How have you been?
I haven’t seen you a long time.

Recently, I suddenly remembered and missed you that’s why I picked up my pen.

Japan is summer now. So Australia is winter now right?
I eat too much Kakigori and have bad stomach these days. I guess you eat lots of hot meat pies.
You loved meat pie. But actually, I didn’t like meat pie. Because that was not sweet even though it was a pie.
But it was strange, meat pies I ate with you were very sweet like a chocolate.

It’s been 3 years since I was living in Australia. How have you changed?
You were snoring horribly everyday. Is your snore still loud?
You were screaming like a monkey when we were playing winning eleven even though you were usually shy.
Which game makes you in heat lately?
Do you remember? You used Dortmund Kagawa enrolled in to catching my attention.
Kagawa controlled by you was given a red card for missing sliding tackle 3 minutes after starting game.

Memories with you are still glittering like a jewel in my heart.
Hope to see you again.

I'm looking forward to receiving your response.




マイハニーへ


お元気でしたか。
しばらくお会いしていませんね。

最近、君の事を急に思い出してすごく会いたくなったから筆を執りました。

今日本は夏だから、南半球にあるオーストラリアの季節は冬だね。
僕は最近かき氷ばかり食べて腹を下しまくっているけど、君はやっぱり暖かいミートパイばかり食べているのかな。
君はミートパイが大好きだったけど、僕は正直パイのくせに全然甘くないあれがあまり好きではありませんでした。
でもなぜかな、君と一緒に食べたミートパイはまるでチョコレートのように甘く感じられたよ。

あれから3年たったけど君はどんな女性になったのかな。
いつもデカいいびきをかいていたね。今もまだ君のいびきはドデカいのかな。
普段は無口なのにウイニングイレブンをプレイしているときはサルみたいに叫びまくっていたね。
今はなんのゲームで発情しているんだい。
君が僕の気を引こうとして、香川が在籍していたドルトムントを選択していたのを覚えているかい。
君が操っていた香川は開始3分でスライディングタックルに失敗してレッドカードをもらっていたね。

君との思い出は今でも僕の心の中でまるで宝石のように輝いているよ。
また君にいつか会いたいな。

お返事待ってます。




wa-holisuruze.hatenablog.com